口が乾くとどうして臭くなる?

 

口がいつも乾燥している状態をドライマウスといいます。

 

口が乾くとなぜくさくなるのでしょうか。

 

口が臭い原因は、虫歯がある、胃腸が悪いなどいろいろな原因がありますが、
ドライマウスで口臭がある場合、口の中で雑菌が繁殖するのが原因です。

 

唾液には、リゾチームという殺菌作用がある酵素が入っています。
そのため唾液が口の中のバイ菌を殺して口臭を防いでくれます

 

朝起きたとき、口がペタペタして臭いのは、寝ている間唾液が減っているからです。

 

ドライマウスは、鼻炎で口呼吸してしまうとき、薬の副作用、緊張などいくつかの原因があります。

 

 

唾液で口臭予防する

即効性のある口臭対処法は、唾液の分泌を盛んにすること
タブレットやトローチ、ガムが使われるのは、唾液を出す作用があるからです。

 

口の乾きで口臭がする

 

口臭グッズに頼らない方法では、
口の運動(口や舌を動かす)
しっかり良く噛んで朝ご飯を食べる

 

ゆっくり良く噛むこと、一人暮らしだと難しいかもしれませんが、会話は口や舌を動かすので大切です。
朝起きたときは一番口が乾いてペタペタして臭いますよね。
それと同じで黙って口を閉じたまま仕事をしていると、寝ているときみたいに唾液が減ります。

 

唾液が減るとなぜ口が臭くなるのでしょうか
それは口の中で雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

 

人と話すのが怖い
臭い口で話してしまうのではないかと心配になる

 

しかし口が臭いかもしれないと黙っていると唾液が減ったままです。
自臭症といってそれほど臭いが強くないのに強く感じてしまう心の病になってしまうこともあります。
心配な方は、タブレットや口臭スプレー剤などを持ち歩いて、人と話す前に使ってみましょう。

 

ストレスや緊張は、交感神経を高ぶらせます。
交感神経が高ぶると唾液が出にくくなります。
唾液というものは副交感神経が活発なときに出るものですから、気にしすぎはますます口を乾燥させてしまいます。

 

 

 

口の体操で唾液を出そう

 

予防策は、唾液を出す口の体操です。

  1. 前歯をかみ合わせてカチカチする
  2. 舌を口のなかで回す
  3. 何度もパの段を発音する

これを数分続ければ唾液が出ます。

 

あまりいい方法ではないのですが、舌の先を強く噛むと唾液がかなりでます。(何度もすると舌に傷がつくのであくまで緊急対策です)

 

口呼吸をやめる

鼻炎などがあって鼻で息がしづらい場合ちゃんと治療しましょう。
口呼吸がなぜよくないかというと、口の中が乾燥してしまうからです。

 

乾燥すると唾液の浄化作用が失わせて雑菌が繁殖します。
水分をよくとり、スプレーなども使って口が常に潤っている状態に保ちましょう。といっても口臭の原因になるコーヒーや虫歯の原因になる砂糖がはいった清涼飲料水はNGで水かお茶がベストです。

 

口臭グッズをうまく使う

口臭予防は

  • 規則正しい食生活
  • 食後に歯磨きなどをしっかり行うこと

ですが、これでも良くならない場合は、口臭予防サプリやタブレット、口臭スプレーなどを使いましょう。

 

ミーティングの前など仕事で緊張して口がペタペタになってしまったとき口臭スプレーを使います。
一時的な効果ですが、するとしないのでは臭いの強さが違います。
またガムもおすすめです。ガムは臭いを消すという効果だけでなく、噛んでいると唾液がでてきますよね。
口臭対策になる唾液の分泌を促してくれます。(ただし甘いガムはやめてノンシュガーのガムを使いましょう)

 

タブレットは、口の中でなめる小さなラムネのようなトローチです。
キシリトール入りやレモンなどの柑橘系の香りがするものもあります。

 

口臭サプリはずっと飲んでいると体からいい香りがしてくるグッズです。

 

香りだけのサプリは口の乾きが原因の口臭にはあまり意味がありませんが、口臭の元凶となる悪玉菌を減らして善玉菌を増やしてくれる乳酸菌入りのものは効果が期待できます。

 

歯周病などの病気がなく食生活の乱れが原因の方は試してみることをおすすめします。

 

 

口臭対策グッズを紹介

 

口臭タブレットは効果があるのか?

 

口臭タブレット

 

よくコンビニで口に入れるとミントの味が広がる口臭グッズを売っています。
タブレットといわれるお菓子なのですが、会社でなめるためにいつもカバンに入れている方も多くみかけます。

 

これは、口臭予防に本当に効くのでしょうか?

 

ガムでもタブレットでも、一時的に息が爽やかになりますが、砂糖が入っているものなら使い続けるのは危険です。

 

砂糖や糖類は口の中でバクテリアによって分解され酸が出ます。
こうして出た酸は、虫歯の原因になって将来的に強い口臭のもととなってしまいます。

 

そしてなにより口のなかがべたべたと気持ち悪くなります。

 

手元にエチケット粒がある場合は、材料名のところをよく見てください。
ノンシュガーと書いてあれば大丈夫ですが、そうでない場合は口臭を悪化させてしまいます。

 

 

口臭サプリは効果があるのか?

 

バラサプリ
口臭サプリは、いくつかの種類があります。

 

一つ目は薔薇サプリ、バラサプリは中にバラオイルが入っていて、胃腸でとけて体の中に入り汗や吐息に混ざることで息がいいかおりになるというものです。

 

バラサプリは、カプセルの中にバラのオイルが入っています。
香水に使われるバラと同じものが使われていることが多く、割って飲んでみるとかなり強い味とにおいがあります。

 

バラサプリが口臭に効果を発揮する仕組み

バラサプリは口から胃に入り、腸で吸収され血液に入ります。
血液に混ざる全身に回り、肺に入れば吐息に薔薇の香りがつき、汗として流れ出ると体臭がバラ臭になるというわけです。

 

口臭の原因となる口の乾きを治す作用はないので、口が乾いてくさいという方には、効果が見込めないでしょう。

 

そして仕組みは香水と同じで飲んでいる期間だけです。
そのため根本的に口臭を予防したいというよりは、香水のようにいい香りをさせたいと思っている方に向いていると思います。

 

 

2つ目のサプリは口の中でなめて唾液を増やすサプリメントです。
唾液が出ることで口の乾きが抑えられ口臭をすぐに抑えることができます。
飲み込むサプリと違って大きく口の中で3分程度なめることで唾液を出していきます。

 

乳酸菌などお腹の調子を整える成分が入っているものなら、腸内環境が悪くて起きる口臭にも対応できます。

 

 

マウスウォッシュは効果がある?

 

マウスウォッシュ

 

マウスウォッシュは日本語でいうと「洗口液」口を洗う薬剤です。

 

単純に口をゆすぐタイプ
汚れが浮き出して見えるタイプ
など

 

最近話題なのが、汚れが見えるマウスウォッシュ
うがいするだけで汚れがでてきます。

 

汚れとなって浮いて出てくるは、マウスウォッシュの中に入っているタンパク質
口臭の原因になる細菌とタンパク質がくっついたものを固めて浮かせるものです。

 

 

口臭改善できる食べ物

 

単純に喉が渇いたときに飲むために、また口がペタペタして口臭がしていそうなとき、よく使うのがお茶です。

 

お茶には、ポリフェノールという抗酸化物質が入っています。
ポリフェノールの殺菌作用は科学的にも証明されていて、口のにおいの原因になるバイ菌が増えるのを防いでくれます。

 

しかしお茶には口臭対策にとって恐ろしいデメリットがあるのです。

 

それは、ポリフェノール・カフェインの利尿効果、
コーヒーや紅茶を飲んですぐにおしっこにいきたくなった経験がないでしょうか?

 

この利尿作用は、体内から水を排出するので、口の中が乾燥するという副作用があるのです。

 

口の乾燥は口臭対策の大敵、お茶を口臭予防に使うなら、ガブガブのまずに口がスッキリする最低限の量にとどめるべきでしょう。