股 臭い 対策

女性の92%が股(デリケートゾーン)のにおいやかゆみに悩んでいる

ユニチャームの調査では1万4000人の女性を対象にしたアンケートで、
股に悩みがある女性が92%いることが分かりました。

 

一番多かった悩みはかゆみトップで次にそしてにおいおりものやむれでした。

 

においやおりものと言った悩みは一般的な感じがしますが実はかゆみが一番多かったのです。

 

しかし股が痒くなるということは特別なことで何か性感染症科何科にかかってしまったのではないかと恥ずかしく思うことも少なくありません。

 

股のにおい対策にはデリケートゾーン石鹸が効果がある

  • おりものシートを使う
  • お風呂でよく洗う
  • ナプキンをマメに交換する
  • トイレのビデを使う
  • トイレにこまめに行く
  • 通気性の良い下着を着る

 

 

それで人に相談できたかたった5人に1人だけほとんどの形は痒みを我慢して抱え込んでいます。

 

臭いの原因は何なのでしょうか。対策方法があるのでしょうか。市販品で対処することはできるのでしょうか。

 

できれば他人に知られず自分だけで治してしまいたいものです。そこで原因と対策をよく見ていきましょう

 

 

大半の原因はケア不足正しくないケアによる臭い

 

生理的(病気でない)外陰部の臭い
まず臭いの原因には性感染症とカンジダそしてフレアかぶれなどの日常的なケアの不足によるものがあります。

 

当然ですが、病気によるものは市販の商品では治りません。
例えば性病は婦人科に行って抗生物質などをもらわないと治りません。
またカンジダは弱いものだったら市販品で治りますが何度も繰り返す場合は婦人科に行く必要があります。

 

ここで紹介するグッズで対策できるのは生理中のムレムレやかぶれ下着が擦れてにおうなどの原因による臭いです

 

股の臭い市販の対策グッズランキング

タイプ別のすすめタイプ別のおすすめを紹介

 

股専用洗浄剤ランキング

 

 

 

股のにおい

 

防カビ剤ミコナゾールと殺菌成分トリクロサンのダブル配合で臭いの原因になる雑菌を殺菌
臭いや ムレがあるなら殺菌成分が入っているコラージュフルフル泡石鹸
むれおりものかぶれなどによる臭いにはこの石鹸が最適です

 

 

陰部のにおい

 

膣の環境と同じ成分で膣内から汚れを落としてくれる
膣内からしっかり洗う 使い捨てビデ

 

インティマ

 

股のにおい

 

なぜおまたをからだ用石鹸で洗ってはいけないのか

  1. それは ボディソープはアルカリ性で出来ているため
  2. 気になって石けんでよく よく洗うそうすると
  3. 肌のバリアが取れてむき出しになってしまう
  4. そうすると雑菌が繁殖しやすくなる
  5. 雑菌が繁殖することで臭いや匂い痛みの原因になるそしてさらに

 

ゴシゴシ洗ってしまう しかしお湯だけで洗うのも良くありません
図のように 外陰部には汗や尿や油っぽいもの排泄物などがついていて、雑菌が繁殖しやすくなっています。
これはちこうになりなり 臭いの原因なります
匂いだけで だけでなく胸や臭いといった症状も起こしてしまいます

 

市販の石鹸とフェミニンゾーン石鹸の違い

 

デリケートゾーン石鹸は普通の石鹸とどこが違うの?

 

ph ケアは肌と同じ弱酸性で股に必要なphを保持したのは洗浄することができます
普通のボディソープにも弱酸性のものがありますが、
しみたり刺激を感じたり
善玉菌を 洗い流してしまったり

 

陰部にはデーデルライン桿菌という善玉菌がいて、正常に保って外からばい菌入ってこないようにしています。
これを膣の自浄作用とその作用が弱まると大腸菌ブドウ球菌などの身近な菌で病気が起こります。

 

股には デリケートゾーン専用ソープはを使いましょう

 

 

市販の臭い対策グッズを使う前に病気とケアの違いなどを知っておきましょう

 

性病によるもの

まず一番気になるのは性感染症による臭いですが、これは必ずといってもいいほどおりものの異常と思います。伴います。

 

例えばトリコモナス膣炎では臭いとともに黄色っぽい緑っぽい膿のにおいがするおりものが出ます。

 

またコンジローマという病気では水ぶくれやコツコツができます。

 

性器ヘルペスでは激しい臭いと痛みとリンパが腫れるなどの症状が出ます。これらは抗生物質喉病院でもらう薬で治療するします。

 

カンジダ

次に性感染症でない膣炎がが挙げられます。
カンジダ膣炎など細菌感染
膣炎には非特異性膣炎・カンジダ膣炎・萎縮性膣炎の3つあります

 

カンジダは 抵抗力が落ちると感染する病気です
疲れや疲労やストレスで免疫力が落ちると
ポロポロの絆のおりものが出てきますた30代で ホルモンのバランスが崩れると起きることもあります

 

一番よく知られているのはカンジダ菌によるカンジダ腟炎激しいにおいとポロポロのおりものが出ます。これは性感染症ではなくいつもいる菌が増殖してしまうことでおきます。

 

萎縮性腟炎

更年期以降に多く見られますエストロゲンが入って 膣の粘膜が傷ついてしまいます
この場合は膿はありません
カンジダは抗真菌剤を使えば治ります すぐに治りますが再発しやすいので体調を整えることが大切です

 

その他萎縮性膣炎という更年期に多く見られる出演や大腸菌やブドウ球菌など身近な菌によって起きる非特異性膣炎などがあります。
この場合もおりものが黄色くなったり緑色っぽくナルトの変化が現れます。

 

軽いカンジダなら市販薬フェミニーナという薬で治ります。その他の喫煙は病院に行って抗生物質などをもらって使用します。

 

股のにおいは病院に行かなくても治るか

刺激の強い洗剤が原因で肌が乾燥しにおいが起きることがあります。
そんな時は刺激の強い石鹸からボディーデリケート用洗剤石鹸に ソープ に帰ることで臭いがなくなります。
しかし臭いの原因は他にも色々あります
激しく痒くておりものが出ていて 匂いがしている
泡が立っているの場合は、性病科性病やカンジダなどの可能性があることがあるので病院に行きましょう

 

一番多いのが股のむれやこすれ

そして最後に臭いの原因では一番多い原因日常的なケアの不足によるもの無理やかぶれで痒くなることが挙げられます。

 

股のにおい

 

この場合はおりものにはあまり変化がなくひどいにおいではありません。

 

生理中のナプキンで湿気が多くなってくれる事血液でかぶれてしまうしまうこともおりものや汗などでかぶれてしまうこと

 

グラフを見てわかるように股の臭いの原因は性病やカンジダであることはほとんどありません。日常的なケアによるにおいがほとんどですですので股を正しくケアすればにおいが治る可能性が高いのです。

 

股に会議があっても股ににおいがあっても弱いにおいでおりものに変化がない場合は日常的なケア不足が原因と思われます。ですので正しい方法でケアして臭いをなくしていきましょう

 

股のケア商品で日頃のケアもしっかり

股用オイル

 

 

おまたの匂いがすると指摘されている人にとっては、毛穴の奥まで詰まってしまった恥垢とか汗といった汚れはNGなのです。

 

このウェブサイトでは、股がくさいに苦悩している女性の為になるようにと、股がくさいに関する基本的な情報とか、具体的に女性たちが「結果が出た!」と感じることができた股がくさい対策を案内しています。

 

膣の臭いとかデリケートゾーンのにおいとかの悩みを抱いている女性は、案外多いようです。

 

ひょっとしたら、あなたも効果の高いデリケートゾーンのにおい解決法を探索しているかもしれないですね。

 

皮膚に常駐する細菌が、「アポクリン線」を通って流れ出てくる汗を分解することにより、股がくさい臭は発生しますので、細菌を駆逐すれば、股がくさい臭を抑制することもできるはずです。

 

目下股のにおいを解消する方法を、意識的に見い出そうとしているとしたら、真っ先に股のにおい改善関連商品を買っても、それほど効果が見られないかもしれないです。

 

股がくさい対策用の製品として評価が高い石鹸は、無添加・無香料がウリなので、肌が過敏な人であろうと利用いただけますし、返金保証も付いていますから、ためらわずにオーダーしても問題ないと思います。

 

ジャムウという名前が付いた石鹸については、ほとんどがデリケートゾーンの為に製造販売されている石鹸であり、あそこの臭いを完全に克服することが可能のようです。

 

 

男性も気になっている女性のにおい

その他、膣内を直に洗うインクリアも高評価です。

 

洗浄剤をセレクトする際に、それほど意識されないのが商品の成分だと感じます。

 

そのままお肌に塗り付けるものなのですから、肌に損傷を与えることがなく、一段と実効性の高い成分が配合された商品にすることが大切となります。

 

交感神経が刺激されることがあると、発汗が促されるようですが、この交感神経が異様に反応するようになると、すそわきがに陥ると認識されています。

 

日頃の生活を改めるのは勿論、程よい運動をして汗を流すよう努力すれば、股の臭いを消すことができると思います。

 

運動で体を動かすということは、それだけ汗を無臭に変化させてくれる働きがあるということなのです。

 

 

股がくさい対策に効果を示すデオドラントは、股がくさいの酷い臭いをきっちりとカットし続けるという想像以上の効果を見せてくれます。

 

そんな理由から、入浴直後から臭うなどという危惧は不要です。

 

常日頃より苦悩し続けてきた臭いの元となるものを、一定以上手間暇を費やして、体の内側から消臭したいと言われるなら、色々な対策を行なうのにプラスして、におい対策グッズをプラスアルファとして摂ると期待通りの結果に結び付きます。

 

気楽に着手することができる股がくさい対策として一押しなのは、「洗浄剤」を適宜利用したものですね。